リニューアル

お客様の用途やご予算に合わせて効果的なプランをご提案致します。

エレベーターの寿命はお客様の使用状況により変わりますが一般的に20年前後と言われております。長くお使いになると騒音や振動、部品劣化による故障の発生等ご利用される方にご不便をお掛けする事が多くなってきます。そこで日本リフト工業のリニューアルはお客様の用途やご予算に合わせて、効果的なプランをご提案致します。リニューアルの効果は安全性・快適性・操作性の向上、省エネルギー効果等限りなく広がります。

リニューアル項目

  1. フル改修

    建物に固定された部品(三方枠、敷居、レール、おもり等)を除くすべての部品を交換致します。外観、機能、操作性の三拍子が新しくなるため建物全体のイメージアップにもつながります。

  2. 部分改修

    部分改修にはエレベーターの主要部品によっていくつかのパターンがあります。

    【制御系】
    巻上機、制御盤、かご操作盤、乗場操作盤、ケーブル類、塔内スイッチ、調速機等
    【意匠系】
    かご内室、乗場扉、かご床、かご天井等
    【機械系】
    ワイヤーロープ、そらせ車等

    上記改修項目に加えて機能向上のためのオプションも数多くご用意致しております。

    • ・地震時管制運転装置
    • ・火災時管制運転装置
    • ・停電時自動着床装置
    • ・音声アナウンス装置
    • ・着床チャイム
    • ・高性能ドアセンサー
    • ・車椅子仕様
    • ・防犯窓(法的制限有り)...等
    建築基準法改正以前(平成20年4月1日より施行)の製品については、大幅な安全強化策として改正された新基準に基づく対策をお勧め致します。特に戸開き走行保護装置(UCMP・二重化ブレーキ対策等)
ページの先頭へ戻る